1. TOP>
  2. Q&A よくあるご質問

Q&A よくあるご質問

Q&A よくあるご質問

Q1国税や県税、市町村税の優遇措置は、県内事業者でも対象になりますか。

A1県内事業者、県外事業者を問わず対象になります。なお、一部の税目(例えば法人税)については、青色申告をしていること等の要件が定められている場合があります。

Q2課税免除のことを知らずに設備を取得してから3事業年度が経過してしまったが、今後の事業税の課税免除を受けることができますか。

A2一部の制度(※)を除いて、今後納付期限が到来する事業税については課税免除を受けることができる場合があります。
(※)産業高度化・事業革新促進地域制度

Q3赤字の事業者にとってはメリットはないのでしょうか。

A3適用できる税目(固定資産税など)によっては、赤字の事業者であっても税制優遇を受けることができる場合があります。また、初年度が赤字であったとしても、2年度目以降が黒字となった場合には課税免除を受けることができる優遇措置を受けられる場合があります。

Q4国税の優遇措置を受けていませんが、県税の課税免除を受けることができますか。

A4国税における優遇措置の適用可否に関わらず、課税免除を受けることができる場合があります。

Q5不動産取得税(県税)に係る課税免除の申請期限が過ぎてしまいましたが、事業税(県税)の課税免除を受けることができますか。

A5不動産取得税における課税免除の適用可否に関わらず、事業税の課税免除を受けることができる場合があります。

Q6機械装置や器具備品についてリースを利用しようと考えてます。リースの場合でも対象となるのでしょうか。

A6リースの場合でも、この制度を利用できる場合もあります。